赤ら顔を冷やすのは絶対ダメ!?赤ら顔が真実を語ります。

容姿の悩み
スポンサーリンク

どうも、赤ら顔ブロガーです。

 

今回のテーマはズバリ『赤ら顔を冷やす』についてです。

 

赤ら顔って元から赤いだけでなく、運動したりお風呂に入ったりして暑くなるとさらに真っ赤になって本当に辛いですよね。

 

そんな時に対策として顔を冷たい水などで冷やすという対策をとっている人も多いのではないでしょうか?

 

また、ネットで『赤ら顔 治し方』と検索すると温水と冷水で洗顔するという民間療法なんかも出てきますね。

 

ですが、この赤ら顔を冷やすという行為、実は絶対しないほうがいいNGな対策なんです。

 

なぜ、赤ら顔を冷やさないほうがいいのか、3個のデメリットをみていきましょう。

スポンサーリンク

まず、赤ら顔は冷やしても改善しない

いきなり結論になってしまいますが、ほてったりした赤ら顔を水や氷などで冷やしても効果はありません。

 

というか、冷やしかたによっては逆効果で余計に赤みが増してしまうこともあります。

 

これは完全に自分の体験談なのですが、僕も運動した後や冬の暖房でのぼせた際に水道水などで顔を冷やしたりしていました。

 

しかし、僕の経験則としてこれは効果なかったです。

 

赤ら顔くん
赤ら顔くん

それでも気分的に冷やしたくなって何年も続けていたんですけどね…笑

 

まあ赤ら顔への対策にはならないだけなら全然記事にすることもなかったんですが。

 

今になって考えるとこの物理的に冷やすという対策は思わぬ弊害があったのです。

スポンサーリンク

血管は冷やす、温めるを繰り返すと広がってしまう

これは赤ら顔のことで皮膚科で診察を受けた時にお医者さんから言われたことなのですが、『血管は冷やす、温めるを交互に繰り返すと広がってしまう』そうです。

 

つまり

ハードな運動や冬場の暖房などで顔が赤くなる

水や氷で冷やして血管を狭くする

運動や暖房でまた温まって血管が広がる

水や氷でまた冷やして血管が狭くなる

 

このサイクルを繰り返すと血管は広がって戻りづらくなってしまうそうなんです。

 

つまり、赤ら顔が余計ひどくなるということ。

 

いかがですか?

これだけで冷やすという対策をやめたくなるはずですが、冷やすことのデメリットはそれだけでは止まりません。

スポンサーリンク

冷やすという対策は自律神経によくない

実は僕は自律神経がかなり不安定で、冬場になると1日に3回くらい何もないのに勝手にのぼせて茹でダコみたいに真っ赤になっていたんです。

 

当時はなぜそんな症状がでるかわけわかりませんでしたが、ある本で、自律神経が乱れるとのぼせなどの症状がでると聞いて自律神経について軽く勉強してみました。

 

するとあるじゃないですか、首や重要な太い血管を冷やすのはよくないと。

 

顔を冷やして大して効果のないことを知っていた当時の僕は、太い血管が集まっている首を冷やしたほうが効果的なんじゃね?とか思って真冬に水道水でキンキンに冷やしたりしてたんですよね。

 

これがどうやら悪かったらしく、冷やすのをやめたら1年でのぼせなくなりました。

 

このように赤ら顔を直すためにどこかを冷やすという対策は百害あって一理なし。

 

絶対にやらないほうがいい対策だったのです。

スポンサーリンク

赤ら顔治したいなら、こっちのがオススメ

赤ら顔を冷やしてはいけない

いかがでしたか?

 

赤ら顔を冷やして対策するというのは無理がある行為だというのがわかっていただけたと思います。

 

赤ら顔くん
赤ら顔くん

赤ら顔で悩んでいる同士諸君は絶対に冷やさないようにしよう!

 

けど、冷やしちゃダメならどうやって対策すればいいんじゃ〜!

 

そう思われた方は、こちらの記事に赤ら顔にオススメの化粧水と原因別赤ら顔の対策記事を載せておいたのでぜひ参考にしてみてください。

 

赤ら顔がなくなって、いつでも自信をもって生活できるとめっちゃ楽しいですよ〜

 

赤ら顔にオススメの化粧水

白漢しろ彩の口コミを本物の赤ら顔が暴露【効果は?】
白漢しろ彩の口コミは胡散臭いのが多くてわかりずらい!今回は中学生から赤ら顔で悩んできた僕が半年白漢しろ彩を使った感想をレビュー!果たしてしろ彩の効果やいかに!?

 

赤ら顔の原因と対策

赤ら顔の原因とは?治し方も含めて赤ら顔本人が話します【真実】
赤ら顔の原因とは?赤ら顔って本当に辛いですよね。周囲に赤ら顔の人も少ないし治しかたもわからない。そんなあなたのために赤ら顔で7年間悩んだ僕が赤ら顔の原因と治しかたについて徹底解説しました。この記事で赤ら顔の悩みから解放される人が増えると嬉しいです。
タイトルとURLをコピーしました