もう嫌だ!バイト先のうざい上司6選!!

大学の悩み

ムカッとくる上司の言動6選

 

どうも、ひろです。

初めてのバイトってワクワクしますよね

おこずかいをはるかに超える給料、素敵なバイト仲間やあわよくば恋人との出会いなど、いろんなことを妄想して応募したと思います。

しかし、現実は…

 

 

ひろ
ひろ

もうバイト行きたくねー!!

 

 

って人がほとんどですよね笑

 

今回はこうなる理由の一つであるむかつく上司(店長 バイトリーダー 先輩)に物申してしてやる!!

という気持ちでむかつく上司の言動6選を書いていきたいと思います。

 

1 自分で考えて行動しろ、勝手なことするな!!!

 

やる気満々の新人がくらう

圧倒的矛盾!!

 

じゃあ僕にどうしろっていうんですか!ってなります笑

 

多くの人が耳にしたことがあるフレーズですが、発言した本人は矛盾に気づいていないのでしょうか?

そしてこの矛盾を受けた新人アルバイターの行動は大体決まっています。

 

何も行動できなくなる

 

自分で工夫して動くと怒られる、しかし質問しても怒られる

こんな対応をされたら当然の結果ですよね、上司は自分で動けない部下を作り出しているのです

 

2 口汚い罵声や嫌味攻撃

 

バイト先には自分だったらそんな言われ方したい?というような口汚い罵りやいやみったらしい説教を平気でしてくる人がいますよね

 

本当に役立たずだな、それでも大学生なのか?

グズだなおまえは~

このハゲー!!

 

など、あの手この手でアルバイターを攻撃してきます。

 

もう一度言います

じぶんだったらそんな言い方されたいですか?

 

3 とにかくキレまくる

あっちでプッツン こっちでプッツン

常にどこかで怒声を発していてその人がいると空気が悪くなる…

これもバイト先に一人はいる問題上司ではないでしょうか

 

怒鳴らないとコミュニケーションができないなんて

泣くことでしか何も伝えられない赤ちゃんと変わりません

 

いったい数十年の人生のなかで何を学んできたのか、直接聞いてみたいものです。

 

シロ
シロ

100%噴火するけどな笑

 

4 人によって態度を変える

 

俗にいうひいきってやつですね、特に多いのが男女差別

僕のいた職場には女の子のミスははすべて許してその代わりに男子には鬼の形相でキレてくる変態おじさんがいました。

 

そりゃあ50代のおっさんからみたら大学生男子と女子、後者の方が可愛かろうよ

けど、そんな露骨に態度変えたらまわりからの評価だだ下がりだし女子からもキモがられますよ?

そしてなによりひいきしてもらえない側からしたらめっちゃ腹立つ!笑

 

もちろん男女差別以外にも様々なひいきがありますが、正当なひいきなんてありませんから!

 

ひろ
ひろ

自分は公平な人間になりたいものですな

 

5 金に汚い店長

ここでは僕がバイトに入ってまもないころの話を一つ

 

ある日、揚げ物の機械を洗うためにアツアツの油を容器に移していた時のこと。僕は筋力がないので重い容器を滑らして落とし、油をこぼしてしまいました。

すると一部始終を見ていた店長

 

店長
店長

おい!おまえその油1リットルいくらすると思ってるんだ!!

ひろ
ひろ

ええ~…

 

そりゃ確かに悪いのは落とした僕ですよ、けど180度の油をぶちまけた部下に最初にかける言葉が「お金の話」ですか?

そのあと駆け付けたほかの先輩は真っ先に僕の心配をしてくれたのに…

僕はこの職場では油以下にしかみられていないんだなぁと思って店長に失望したのを覚えてます。

 

これは極端な例ですが、ほかにも数分のタイムカードを気にするとか手が回らなくなるくらい人員減らして経費削減とかもーとにかくお金に汚い店長ってたくさんいますよね。

 

それで結局自分が損していることに気づけないんでしょうか…

 

ひろ
ひろ

こういう人を見るとお金に余裕のある人になりたいと強く思います笑

 

6 社会に出たらっていってくる

 

そんなんじゃ社会に出たら通用しないぞ?

 

バイト先でフリーターのおじさんによく言われた言葉です。バイト先にしろ学校にせよ器の小さい大人ほどこのフレーズ使ってきますよね。

なにかにつけて社会にでたら常識だ~とか社会人なら~って具合に

 

こんな小さな職場で若者をいびるのが「社会」ですか?

そんな社会なら僕は社会に通用する人間なんかになりたくありませんね。

 

最後に

 

 

シロ
シロ

後半お前の愚痴だったな

 

 

ひろ
ひろ

きっと誰か共感してくれるさ笑

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

あるある!な話の一つでもあればうれしいです。

 

 

この記事を書いた人

小4から母子家庭で育ってきた大学2年生
シングルマザーや貧困家庭の方に役立つ情報を配信しています!

大学の悩み
スポンサーリンク
ゆるふわ母子