【低すぎ!?】母子家庭の年収はいくら?生活費など

母子家庭

【低すぎ!?】母子家庭の年収はいくら?生活費など

 

母子家庭の平均年収はどのくらいなのか…

正直聞き辛いですが、知り合いのシンママさん達がどのくらいの収入で暮らしているか気になりますよね。

 

そこで今回は母子家庭の年収について調べてみました。

【低すぎ!?】母子家庭の年収はいくら?生活費など

厚生労働省が発表した「平成28年度全国ひとり親世帯等調査」の結果によると、母子家庭の平均年間収入は243万円だそうです。

 

この243万円という数字は養育費や児童扶養手当を含めた金額になります。なので実際にシングルマザーが働いて得ている収入は200万円代になると思います。

 

ちなみに父子家庭は420万円です。やはり男女の差は大きいですね。

シングルファザーの方が年収が高いのは、シングルマザーに比べて正規雇用されていることが多いからのようです。

 

しかし、年収を言われてもあまりピンとこないとおもうので日本の平均収入と比較してみましょう。

母子家庭の年収は低いのか?

母子家庭の年収は243万円、父子家庭は420万円ですが、実は日本の平均収入はもっと高いです。

 

日本人の一般的な年収は男性で527万円、女性で356万円なので、男女ともにひとり親家庭は収入が少ないことがわかります。

 

一般家庭とは年収に約1.5倍の差があるようですね。

なぜ母子家庭は収入が低いのか?

母子家庭の収入が低い理由としては

 

  • 育児のために仕事を減らしていること
  • 非正規雇用が多いこと
  • 社会全体で女性の賃金が低いこと

 

などが挙げられます。

 

こども一人がいる母子家庭は生活費で月々18万円ほどかかるといわれていますが、子供との時間を大切にするために仕事を減らし、18万円ぎりぎりで生活しているシンママさんが多いです。

 

※母子家庭の生活費についてはこちらを【月々5万円】母子家庭の生活費と節約術!

 

実際年収243万円を12ヶ月で割ったら20万円ほどですしね。

 

手取りはほとんど残らないでしょう。

母子家庭は収入が低いので貯金ができない

このようにギリギリで生活をしている家庭が多いので、母子家庭は貯金額もとても低いです。

 

なんと、貯金額が50万円以下の家庭が50%を占めているんです。

 

なかなか厳しい現状ですね。

年収が低い母子家庭はどうすればいいのか?

年収が低い母子家庭は節約をして上手く生活していくことはもはや必須スキルと言えるでしょう。

 

そこで今回は合計40000万円の節約術をまとめてみました!

 

簡単かつ効果の大きいもののみ選んだので、気軽に節約できると思います。

 

ぜひ一度読んでみてくださいね(*´∇`*)

40000円の節約術!?母子家庭の節約術まとめ!

タイトルとURLをコピーしました