母子家庭の幸せはお金で9割決まるという話【残酷な現実】

母子家庭
スポンサーリンク

この記事を見られているあなたはすでに母子家庭の方でしょうか?

それとも現在離婚を考えている母親の方でしょうか?

なんにせよ、母子家庭の幸せを検索されていると言うことは少なくとも子供と自分の幸せを願っている方ですよね。

 

今回の記事は、母子家庭の幸せは9割がお金があるかどうかにかかっているという記事になります。

少し厳しい話ですが、最後まで読んでいただければ幸いです。

スポンサーリンク

母子家庭の幸せは9割お金できまる現実

申し遅れました、母子家庭育ちの大学生ひっきーです。

普段は節約術や母子家庭のことなどをつぶやいています。

 

ひっきー
ひっきー

今回は少し過激なタイトルとなりましたが、母子家庭の幸せについてお話して行きたいと思います。

母子家庭の幸せと題しましたが、僕自身が母子家庭のこどもだったので、シングルマザーの幸せというよりは母子家庭、特にこども視点の幸せの話になると思います。

 

ひっきー
ひっきー

それではまず、少しだけ僕の家庭の話をさせてください。

お金のある母子家庭で育った僕は幸せだった

僕の両親は小学4年生の時に離婚し、僕は母子家庭のこどもになりました。そこからはリビングを入れて3っつしか部屋のない家で母と兄弟3人に囲まれてくらす毎日のスタートです。

 

友達みんながコンビニでおやつを買うなかおにぎりを食べたり

靴下に穴が開いたら自分でぬって再利用したり

近所のゲーセンでお金拾って貯金したり

 

今思うとなかなか貧乏な生活をしてました笑

ひっきー
ひっきー

当時は500円玉を沢山拾って喜ぶ夢をよくみてたなぁ笑

 

しかし、そんな生活を変えるため母は2年間死ぬ気でアルバイトと専門学校を両立。

 

晴れて看護婦になり生計を安定させてくれました。そのおかげで貧乏でも、日々の食べ物に困ることはなく母子家庭のなかではまだまともな生活をできていたと思います。

 

それでも当時の母子家庭の話を周りの人に話すと

あーごめんな悪いこと聞いちゃって

といわんばかりにみんな僕をかわいそうなひと扱いしますが、僕は自分が母子家庭で育って不幸だったとは一ミリも思ってません。

 

むしろ、両親そろった家庭と比べても愛情に溢れる良好な家庭で育ったと思っています。

 

ですが、今振り返るとそれは母が頑張って子供が生活するだけのスキルを身につけお金を稼いでくれたからだったとわかります。

 

ひっきー
ひっきー

もし、僕の家にもっともっとお金がなかったら…

 

きっと母は今よりずっと余裕のない日々を過ごし、こども達と過ごす時間なんてなかったでしょう。優しい母のことだからそれでも笑顔で僕ら3人と接してくれるだろうけど、その顔にはきっと疲労の色が混じってたと思います。

 

そしておそらく僕も余裕のない生活で自分の家庭を今より嫌いだったろうし、母を今ほど尊敬していなかったかもしれません。

 

そしてそんなことを考えているうちに、僕は母子家庭が幸せになるためには3つの要因が必要なんだなということに気づきました。

母子家庭が幸せになるには三つの要因が必要

幸せの定義は難しくて僕にはできませんが、母子家庭で10年以上育ってきた僕からすると母子家庭が幸せになるためには3つの要因があると思っています。

要因① 母と子供が一緒にいる時間

当然の話ですが子供は親と一緒にいることが自然体な生き物です。

 

それはまだミルクを飲む赤ちゃんから、大人の片鱗が見え始める高校生でもみんな同じで、子供という生き物は親という人生最初のパートナーが付き添って初めて完全な生き物として行きていけるのです。

 

なのでそんな親と過ごす時間がなくなることは、子供にとっては体の一部がなくなってしまうも同然。最近の研究結果では、特定の大人(親)との関係を築けないこどもは反応性愛着障害や脳への障害を抱えやすくなるという研究結果もでています。

 

こどもの時期に親がそばにいてくれないと子供は安心して成長していくことも、その家庭にいて幸せだったと感じることも難しくなってしまうのです。

要因②母親の余裕のある笑顔と愛情

二つ目の要因は母親の愛情について。

いくら要因①のように母親とこどもが一緒にいる時間が確保できていたとしても、DV(家庭内暴力)やネグレクト(育児放棄)のような愛情のかけらもない育児をしていたら子供にもその家庭にも幸せなんてものは一生やってこないでしょう。

 

こどもの心がねじ曲がることなく成長するためには、母親の愛情が必要不可欠です。

 

自分は母親から大切にされている。

自分は愛されている。

 

そう思えるだけで子供は精神的にもかなり安定し、のびのびと成長することができます。

 

しかし、実際の母子家庭では貧困、人間関係などさまざまな場所で困難が連続します。そんな環境で母親が笑顔を保つことはとても難しく、そのことが次の要因③の『お金』へと繋がるのです。

要因③ ①と②を支える経済力、つまり『お金』

人間は余裕のない時に優しさや、愛情といったプラスの感情を発揮することは難しい生き物です。

 

ひっきー
ひっきー

みなさんも疲れている時につい他人に厳しく当たってしまったことはありませんか?

母親だってそれは同じことで、毎日生活のために長時間労働をし、やっと帰っても育児や家事を一人でしないといけない。

 

そんな余裕のない生活をしていてはどんなに優しい母親でも子供に心からの笑顔で接することは難しいです。

 

ひっきー
ひっきー

つまり、要因①、②を満たすためには結局要因③のお金が必要であるということだね

 

お金がない状況では、母親は常に余裕がなく子供にもついきつく当たってしまったり、日頃のストレスがDVやネグレクトなどに現れてしまいます。

 

しかしこういう発言をすると、お金がなくたって幸せな家庭はある!とか、お金はなかったけど偉大な母だった!という反論をもらうかもしれません。

 

確かにお金がなくたっていつでも、どれだけでも子供に優しくできる母だっているでしょう。しかし、そういう人はマザーテレサやマララ・ユフスザイなんかと同じで誰でも真似できるものではありません。

 

つまり、なにが言いたいのかというとどんなに素敵な母親でもお金がなく余裕のない状況では、子供に愛情を注ぐこと、ひいては幸せな家庭を築くことは難しいということです。

 

ひっきー
ひっきー

僕だって毎日10時間労働してそれでも食べるものにも困っているような状況だったら自分のこどもに優しくできる自信はないもん。

 

なので、ブーイングを受ける発言かもしれませんが母子家庭でも幸せに暮らすために必要なのはやはりお金なのです。

父親はお金で買えないけど?

この意見にさらに反論がくるとしら父親の不在についてでしょう。

確かに、父親はお金で買うことができず幼い頃は寂しい思いをしたり、学校でのコンプレックスになったりします。

 

なかには、母子家庭の男の子は父親の不在が原因で同性愛者(ゲイ)として苦しむ子供が多いなんて統計もあるそうです。

 

ひっきー
ひっきー

僕も小学生の頃は父がいないのが恥ずかしかったなぁ

 

しかしそれでも僕は父親の不在は母子家庭の不幸せの直接的な要因だとは思いません。

 

確かに、父親の不在はこどもに大きな傷を残しますが人間意外と強い生き物でそのうち慣れてくるんですよね。

 

僕は高校くらいからは『むしろ父親がいないことを心配してくれる人が意味わからん』っていえるくらいまで成長していましたよ笑

 

もちろん、父親がいるのが一番ですが、父親不在でも幸せな家庭は築ける一例となっているのではないでしょうか?

母子家庭の幸せにお金が必要なのはわかったけど…

以上の理由で母子家庭の幸せにお金が必要不可欠ということがわかりましたよね。

 

でも、だからといって

おかん
シングルマザー

そうか!母子家庭はお金さえあればいいんだ!

とはなりませんよね笑

そんなにすぐにお金が手に入ったら誰も苦労しませんし。

 

なのでここからは母子家庭が少しでもお金を確保する方法をお伝えしていきたいと思います。

母子家庭に節約は欠かせない!

まずはあなたの家庭の生活費の見直しと節約から。

 

ひっきー
ひっきー

母子家庭である以上、節約して日々の出費を少なくすることは必須です!

 

一応僕は母子家庭で10年以上貧乏を経験し、仕送り3万円だけで下宿しながら私立大学に通っているのでそこそこの節約術は持っていると自負してます笑

 

そんな僕の最強の節約術をまとめたのがこちらの記事

【激安】母子家庭の生活費と節約術完全まとめ!
【激安】母子家庭の生活費と節約術完全まとめ! 母子家庭にとって生活費と節約の話は切っても切り離せません。 生活費と節約を見直さないと我が子の進学の道が閉ざされてしまう...なんてもことも! そこで今回は...

※節約術は後半となっています。

 

この記事の内容を全部実践すれば月々4万円は浮かせられると思いますので必ずトライしてくださいね!

母子家庭は可能なら実家に帰って!

夫がいない分、必要なお金も子供の世話も家事も自分ですべてやらないといけないのが母子家庭です。

 

文字にするとよくわかりますが、これってかなりの重労働ですよね?

ひっきー
ひっきー

親になったことのない僕でも容易に想像できます。これはきつすぎ。

 

なので可能であれば、離婚してシングルマザーになってしまった方は実家に帰ることをオススメします。

 

実家ならば、常に両親がいて子供の面倒もみてもらえ、家賃もかかりません。子育てするのにこれほど適した環境なないです。

 

恥ずかしさや親に迷惑かけたくないという気持ちもあるかもしれませんが、全ては子供のためです。可能な方はみな実家へ帰りましょう。

母子家庭は普通の稼ぎ方では厳しい

さきほども言いましたが、母子家庭は普通の仕事では育児と家事を両立させる生活は難しいです。

 

ひっきー
ひっきー

会社に通いながら子育ては時間の都合もつけられないしね!

そこで僕が提案したいのはブログで稼ぐという方法です。

 

ブログはパソコンさえあればいつでも仕事にとりかかることができ、努力と工夫しだいでは本業よりも稼ぐことが可能なジャンルです。

 

いまの生活に不安がある、こどもの将来のためになにか始めたい!

 

そんな方はぜひ一度こちらの記事でブログで稼ぐという仕組みを学んでみてください。

※現在コンテンツ準備中です🙇‍♂️

 

また、今すぐブログを開設したい!という方はこちらにブログ開設の全てをまとめてあるのでぜひ参考にしてください。

※現在コンテンツ準備中です🙇‍♂️

母子家庭の幸せは9割お金できまる話 まとめ

いかがでしたか?

母子家庭が幸せな家庭を築く3つの要因は

①母とこどもが一緒にいる時間

②母親の愛情と余裕のある笑顔

③ ①と②を支える経済力『お金』

でしたね!

 

この記事を最後まで読んでくれたあなたはお子様思いのとても優しいお母さんだと思います。

 

僕はこの記事を通して情報を発信することしかできませんが、あなたの家庭が僕の実家のように幸せな家庭となれるよう陰ながら応援させていただきます。

 

ひっきー
ひっきー

それでは!今日も節約がんばっていきましょう!

母子家庭の節約術を見にいく

【激安】母子家庭の生活費と節約術完全まとめ!
【激安】母子家庭の生活費と節約術完全まとめ! 母子家庭にとって生活費と節約の話は切っても切り離せません。 生活費と節約を見直さないと我が子の進学の道が閉ざされてしまう...なんてもことも! そこで今回は...
タイトルとURLをコピーしました