【体験談】母子家庭のこどもでいてつらいこと

母子家庭

【体験談】母子家庭のこどもでいてつらいこと

 

どうも、ひろです!

 

母子家庭では母子ともに辛いことが沢山ありますよね

そのためうちの子供になにか辛い思いをさせてしまっているんじゃないか

そう心配されているシングルマザーの方もいらっしゃると思います。

 

そこで今回は母子家庭で育った僕がつらかったことをまとめました!

 

改善できるものから難しいものまでありますが、子供の気持ちを少しでも理解し寄り添ってあげてください!

 

スポンサーリンク

【体験談】母子家庭のこどもでいてつらいこと

母子家庭は普通の環境とはたしかに異なります。

しかし、大人になった今振り返るとお金の問題以外でなぜそこまで自分が悩んでいたかわからないんですよね。

 

そこはやはり子供独特の感性が働いてていたのかなぁと経験者は思います。

 

なので、親御さんからは想像しにくい子供のつらさも含めて考えていきたいと思います。

 

母子家庭であること自体が恥ずかしい

僕は今ではおはよう!ぐらいの軽いノリで母子家庭であることを宣言していますが、幼い頃はそうはいきませんでした。

 

母子家庭であること

父親がいないということ

 

なぜかこれ自体に恥ずかしさを感じていたんです。

 

大人からはあまり理解しがたい感情ですよね。

 

当時は離婚が原因で新居に引っ越したことが言いたくなくて

 

ひろ
ひろ

あーうちお金ないからだよ

 

とか訳の分からない説明をしてました笑

 

しかし、大人になった今ではなにも恥ずかしさは感じません。

むしろあのボンビー生活が誇らしいくらいですね。

 

自分が母子家庭でも胸を張って生きていけるようになったのは母が頑張って貧乏ながらも人並みの生活をさせてくれた事が大きかったんじゃないかなと思います。

 

うちは母子家庭だから…

とかそういう言い訳を母は言わなかったですしね

 

シングルマザーの皆さんも、母子家庭だけれども、子供に誇れるような家庭を作ってください。

 

そうすれば子供は成長と共にこのつらさから開放されます。

 

母子家庭のこどもはさみしい

家に親がいないというのは子供にはなかなかさみしいものです。

 

シンママさんもそんなことは理解してると思いますが、それでもその理解の数倍こどもが寂しがっていると考えてあげてください。

 

僕は親が離婚した時、小学4年だったのでまだいいですが、3つ下の妹は相当寂しがっていましたね。

 

やはり小さな子供はそばに親がいてほしいんです。

 

しかし、そうは言ってもシングルマザーの方は家計のために働きに行かないといけない。

 

母子家庭のジレンマだと思います。

 

参考程度ですが、うちの母は看護師免許を取得した後も妹のために正社員にはならずパート勤務で5時上がりしていました。

 

おかげでお金はなかったですが、子供のためにはお金より親が必要なんじゃないかなぁと僕は思います。

 

妹も嬉しそうでしたしね。

 

親の恋人?を見ること

私だって自分の幸せを追求したい!

 

シンママさんのこの気持ちも痛いほどわかりますし、大人になった今としては存分に追求してもらいたいと思ってます。

 

けれど、お願いだからそれをまだ幼い子供の前でやらないでほしいです。

 

ほかの子供がどうかわかりませんが、自分の親の恋人?っぽい人と同じ空間にいるのは僕は地獄でした。

 

なんかよくわからいけどめっちゃ気まずいんですよねー

 

父、母関係なしに子供にそういうお相手を見せるのは子供が大人になってからにしましょう!

 

大人にった今ならむしろ父も母もどっちも再婚してほしいくらいですからね、婚活パーティーとか是非参加してほしいです笑

 

母子家庭のこどもにはお金がない!

個人的には父親と離れたことを除けばこれがいちばん辛かったような気がします。

 

遊んでる最中にみんなとおやつを買えないこと

 

部活で自分だけア◯ィダスやナ◯キの練習服を持ってなかったこと。

 

ほかの家には必ずあったゲーム機がないこと

 

それはそれはないないずくしでしたね。

 

なんでうちにはないんだ!

とか言っておかんを困らせてしまったこともあります。

 

それくらい子供にとって周りのみんなが持ってるものがないのは辛いことなんですね。

 

お金がないという問題はすぐには解決できません。

 

実際我が家も母が看護師免許を取得するまでの3年間は本当に貧乏でした。

 

そういったとき

お金がないからしょうがない!

 

と押さえつけないでほしいと思います。

 

そんな状況にしてしまってごめんと伝えてあげれば子供もわかってくれて要領のいい子になると思いますよ。

 

けれど、子供側からひとつだけわがままを言わせてもらうと、うちの母のように看護師免許とって子供を飢えさせないくらいの努力はシンママさんにもしてほしいかなと思います。

 

育児に仕事と大変なのは重々承知してますが、やはり極端にお金がないと子供の成長に良くないですからね。

 

母子家庭が原因のいじめ

母子家庭だからという事でいじめられたことはありませんが貧乏な事でいじめ?られたことはありましたね。

 

お前んちびんぼーびんぼー

 

って具合に

今思い返すとかわいいいじめですね笑

 

しかし、幼い頃は本当に嫌でした。

何が腹立つって自分にどうしようもないことですもん。

 

これはいじめだけではなくて、進学の費用がないとか親と一緒にいられないといった物も同じで、母子家庭の子供にはどうしようもできない問題が多々あります。

 

こういった不公平感や自分の無力感を放置してしまうと、未来に悲観的な子供になってしまうので、母子家庭でもやったるわ!みたいな教育を心がけてほしいです。

 

スポンサーリンク

母子家庭の子供のつらいことまとめ

いかがでしたか?

我が子に当てはまりそうなものはあったでしょうか?

 

母子家庭の子供はほかの家庭よりハンディを負うことがおおく辛い目にあうことも沢山あります。

 

シンママさんがつらいようにその子供もつらいんです。

 

しかし、シンママさんの気づかい次第でその負担を軽減してあげる事も可能です。

 

子供に誇れる母子家庭を目指して頑張りましょう!

この記事を書いた人

小4から母子家庭で育ってきた大学2年生
シングルマザーや貧困家庭の方に役立つ情報を配信しています!

母子家庭
スポンサーリンク
ゆるふわ母子