【必見】大学ぼっちの回避法 友人の作り方5選!

スポンサーリンク

【必見】大学ぼっちの回避法 友人の作り方5選!

 

※この記事は十分ほどで読めます。

 

ひろ
ひろ

ぐぬぬ…課題がさっぱりわからん

 

シロ
シロ

友達に聞けばいいじゃん

 

ひろ
ひろ

一人で取ってる授業なんじゃい~!

ほとんど一人だけど…

 

ぼっちのみんなこんな経験ありませんか?

 

もーぼっちなんていやだ!大学で友達作りたい!

 

今日はそんな人向けの大学でいかにして友達をつくるか!?というお話です。

 

大学では最高の友達作るぞ~と意気込んでいる新一年の方も参考になる記事となってますのでぜひぜひ

 

あ、ちなみに僕は大学ぼっちが悪いことだとは思っていません、それについては別記事にまとめてあるので機会があればぜひどうぞボッチ大学生のススメ 一人でもいいじゃない

 

では早速みていきましょう!

 

スポンサーリンク

ぼっちが大学で友達を作る方法5選!

 

※評価の見方

 

友達のできやすさ★★★★★

友達のできやすさを表しています。

基本大学内での友人のできやすさとなっております

 

新規参入★★★★★

新歓のある時期など一定の時期じゃないと入りずらい物は評価が低いです。

 

おススメ度★★★★★

僕の経験から判断した、友人を作るための総合的なおススメ度です

 

大学ぼっちはサークルでダチ探し!

友達のできやすさ★★★★☆

 

新規参入    ★★☆☆☆

※場合によっては★★★★☆

 

おススメ度   ★★★★☆

 

いわずと知れた超王道

これを語らずして大学の友達作りは語れません

 

しかし、僕は一年の新歓の時期は乗り過ごしてしまったぞ

2、3年からでもまにあうのか!?

 

メリット

・多彩な人脈

同じ学年だけではなく、他学部他学年の学生も参加するので幅広い人脈形成が可能です。

 

・イベントが豊富

自分から話しかけるの苦手だな~という人も大丈夫

新歓や合宿などのイベントで知らない人とも打ち解けやすい環境がそろっています。

 

 

・長い活動期間

活動が楽しければ四年間一緒に活動するので生涯の友もできるかも!?

 

デメリット

・時期が限定的

新歓などの歓迎してくれる時期を逃すと非常に入りづらくなります

 

・基本1,2年生向け

三年生で新しくサークル入る!という人はなかなか見ません、ってかいないです笑

逆に2年生までなら全然いけます!

実際僕は二年で弾き語りサークルに入ったけど全然浮いてる感じはなかったし、周りにも新人の2年はたくさんいたよ

 

・人数の多いサークルは不向き

これは少しコミュニケーションが苦手な人向けですが、人数の多いサークルでは新歓などのイベントで上級生が新人の面倒をみきれない(自己紹介させたりとか)可能性があります。

なので狙うなら人数の少ないサークルですね。

 

・飲みなどのボッチにはなじみのないイベント

飲み会の席のあの異常なテンション…

僕みたいなボッチにはなかなか厳しいものがあります笑

飲みの雰囲気などは事前に先輩に聞くなどリサーチが必要でしょう。

 

ポイント

新歓は一年生しか無理と思っている人も多いが二年までは余裕でいける!(逆に3年以上は厳しい)

そして、人見知りで自分から声をかけるのが苦手!!という人は人数の少ないサークルがおススメだよ!歓迎してくれるしサー員同氏の距離感も近い!

新規参入を場合によっては★★★★☆にしたのは人数の少ないサークルならいつでも歓迎してくれる可能性があるからです。

 

と、いっても入れる時期が限定的のデメリットは大きいので

1.2年の春学期は新歓に積極的に参加しよう

 

大学ぼっちもゼミなら友達ができる!

友達のできやすさ★★★★★

新規参入    ★☆☆☆☆

おススメ度   ★★★★★

 

僕の一番おススメする方法だよ!

1、2年で友達ができなかった人も希望を持ってくれ~!

 

メリット

・基本歓迎されている

ゼミは面接で学生を採用することが基本です。

なので、入る人数は一定でその人数がへると教授も困るので、とても歓迎ムードが強いです。

そのためゼミ生同士の交流も盛んとなっており、非常に友達ができやすい!

 

・人数が少ない

人数が少ないグループというのは基本個人間のかかわりが深くなります。

なので、より親密度の高い友人ができる可能性があるよ!

 

デメリット

・募集の時期以外では入れない

ゼミはサークルのようにいつでも入ることはできません。

ゆえに上記のメリットが成り立つのですがタイミングを逃すとチャンスが一切ないことは大きなデメリットですね。

ぼっちのみんなはしっかり募集時期を確認しよう。

 

・一年生は入れない

大学によってゼミは二年からとか三年からとか決まっていますが、一年で入れるという大学は聞いたことがありません。

なので1.2年生の人たちは使うことができない可能性があります。

 

ポイント

ゼミは新歓、飲み会、BBQ、合宿などいろんな企画を積極的に行ってくれるところが多いうえに、少人数、教授などのサポートがついています。

 

なので、人見知りな人でも友達ができる可能性は非常に高いでしょう。

 

僕もゼミに入ってすぐに友達ができました(ゼミはすぐにやめてしまいましたが笑)

 

1、2年では友達いなかったけどゼミで一生涯の友ができた

なんて話もよく耳にする話です。

 

入れる時期は超限定的ですが

ボッチ大学生の最後の砦

と言えるでしょう笑

 

大学ぼっちを絶対さけたいなら部活!

友達のできやすさ★★★★☆

新規参入    ★☆☆☆☆

おススメ度   ★★★☆☆

 

中高ではほとんどの人が入っていたのに大学ではほとんど入らない部活…

 

友達作り的にはどうなのか!?

 

メリット

・団体行動が多い

部活って個人種目でも団体種目でも道具にセット、トレーニング、指導、などをみんなで行うことがおおいですよね、なのでいやおうにも部員同士でかかわる機会が増えるため、友達はできやすいといえるでしょう。

 

・苦楽を共にする

厳しい練習を共に耐え、帰り道で疲れたーとかコーチの愚痴をいい試合に臨む

そんな苦楽を共にした仲間とはとてもいい交友関係が気づけるのではないでしょうか

 

・青春っぽい

なんか、青春っぽい

 

デメリット

 

・時期が限定的

これはサークルと同じですね、新歓の時期を逃すと入りづらいで。

また、入部するのも1.2年生が圧倒的に多いですね。

 

・歓迎されていない可能性あり

もちろんどの組織でもあり得る話ですが、部活は特に要注意です。

大学の部活は基本スポーツ推薦者で構成されていて、未経験者は部活の予算のためにとる、なんてこともしばしば…

 

・やめずらい

サークルなどとくらべて退部しずらい雰囲気が漂っています。

お手軽に入ってみよ~というのはおススメできませんね。

(ちなみに体験入部はあてになりません、いい部活も悪い部活もみんなその時期は優しくなりますからね)

 

・体育会系のノリ

部活ってなぜか休むと怒られますよね、スポーツ推薦でない人は活動への参加は週3くらいがセオリーですがその三日は必ず拘束されます。その他にも怖い先輩や理不尽な指導などなど、部活によって当たり外れが大きい気がします…

※雰囲気のいい部活もたくさんありますが!

 

ポイント

サークルのように気楽に参加できない、厳しい、時間がとられるなどのデメリットは正直大きいです。

しかしみなさんの中高時代の友人は同じ部活の人ではなかったですか?

ガッツがあって何かを本気で頑張りたいという人、友達づくり兼ガチのスポーツに挑戦してみてはどうでしょうか?

 

大学ぼっちは同じ授業の人に話しかけるしかねぇ!

友達のできやすさ★★★☆☆

新規参入    ★★★★★

おススメ度   ★★★☆☆

 

 

いや、そんなことできたらボッチなんかしとらんわ!!

 

って声が聞こえてきそうですが、僕はこの方法で作った友達が一番仲がいいので一応書かせていただきます笑

 

メリット

・時期が関係ない

授業は長期休業中以外はほとんどやってますからね。

課題の質問 授業を聞き逃した 消しゴムわすれた

などいくらでも口実はありますからね。

 

デメリット

・コミュ力が多少必要

「消しゴムかして~」といってもそのあと自分で会話を続けなければ「はい、どうぞー」

で終わってしまいます。

見知らぬ人に話しかける勇気と会話をつなげる多少のコミュ力が必要だね。

 

・よっともを生産する可能性

大学内で会っても「よっ」で終わる、もしくは目をそらして避ける、など非常に面倒な存在であるよっとも

この方法で作った友達とは積極的にコンタクトを取らないとよっともで終わる可能性が高いです。

 

ポイント

この方法は相手が何こいつだる~ってって反応をしない限りガンガンいくことが大切です。

授業後飯いこーぜ

とかね

 

ここで中途半端にすると次の授業で会った際に「よっ」で終わる可能性が高いですね。

 

僕はこの方法で仲の良い友人と沢山の「よっとも」を作ることに成功しました。

 

バイト先には同じ大学のぼっちがいるかも!?

友達のできやすさ★★☆☆☆

新規参入    ★★★★★

おススメ度   ★★☆☆☆

 

 

俺は大学内で友達が欲しいんじゃ~!

 

そう思った方、安心してください。

世の中のアルバイターは八割大学生です(テキトー試算)

皆さんの大学の近くの職場ではたらいているのは自分と同じ大学の人が多くないですか?

僕はバイト先で会った先輩に良く授業のことを聞いてます。

 

メリット

・時期が関係ない

この方法も時期は関係ありません。バイトは気楽にいつでも始められますからね。

 

・あ~○○大学ね、うちも〇人いるよ

これ、面接でいわれた経験ありませんか?

僕はアルバイトの面接に10回以上いったことがあるのですが8割くらいの確率で店長から言われます。

言われなかったら最悪辞退してもいいかもしれませんね。

 

自分がバイトする側に回ってからも「次の新人○○大学の子だって~」と店長が皆に伝えていたのを覚えています。同じ大学だと話題も豊富だし運がいいと向こうから話しかけてくれるかもしれませんね。

 

・仕事で絶対かかわる

部活と似ていますが仕事をするうえで絶対何らかの絡みがあるはずです。なのでコミュニケーションも比較的取りやすいでしょう。

 

デメリット

 

・同じ大学の絶対数がすくない

この方法はデメリットは少ない方だと思いますがバイト先にいる同じ大学の人は少ないです。

絶対数が少ないということは気の合う人がいる確率も低いということですから、学内の友達ができる可能性は低くなるかもしれません。

 

ポイント

僕はバイト先に同期はいませんでしたが先輩がいて、結構お世話になっていました。

 

お金も友達も両方手に入る!?

 

アルバイトの面接に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ 大学ぼっちの回避法 友人の作り方5選!

どうでしたか?

コミュ力のある人もそうでない人も、使える情報、ありましたでしょうか?

 

繰り返しますがぼっちは悪いことではありません!

しかし実際、不便、さみしいなどの問題があるのも事実です。

 

友達作りたい!!

 

という強い意志のある方、陰ながら応援してますぞ

大学の悩み
スポンサーリンク
放蕩息子のセツヤクジュツ
タイトルとURLをコピーしました