離婚する際に注意したい子供への配慮

母子家庭
スポンサーリンク

離婚する際に注意したい子供への配慮

 

どうも、ひろです。

 

この記事を読まれている方は現在離婚を考えている方でしょうか?

子供にとって離婚は心に大きな傷を残す、最悪のイベントです。

ですが、親の配慮次第でそのダメージを軽減することはできます。

 

そこで今回は実際に母子家庭で育った僕が離婚する際に親が気をつけてほしいことをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

離婚時に注意したい子供への配慮とは?

 

子供にとって親は自分を理解し守ってくれる隠れ家のような存在です。

なにかあっても親が助けてくれる、親は自分を理解してくれる。

そんな安心感の下で子供はのびのびと育つことができます。

 

だからこそ、そんな両親の仲が悪くなると子供にはおおきな悪影響が生まれます。

 

それを防ぐために離婚時に親が子供にできる配慮を見ていきましょう!

 

その1 相手の悪口を言わない

 

あなたのお父さんは○○なことして本当にひどいんだよ?

 

こんなことを子供に行ってしまっている人、結構多いんじゃないですか?

あなたが自分のパートナーにどれだけ嫌な感情を抱いていようとその人は子供にとって大好きな親なんです。

 

大好きな親がもう片方の大好きな親の悪口をいう

これは子供にとって大きなストレスとなります。

 

また、子供にとって両親は一番身近な夫婦です。

身近なお手本である夫婦が裏では互いにけなしあっていることを知ると人を信じることにも悪影響が生まれてしまいます。

 

どんなに不満がたまっていても子供に相手の悪口を言うのはやめましょう。

 

その2 子どもの前で夫婦ゲンカしない

 

子供にとって一番わかりやすく親の不仲が分かる夫婦ゲンカ

これ、めっちゃ怖かったり不安だったり不快だったりと子供にとってとにかくストレスの塊なんですよね。

特に暴力なんかは最悪です。

 

子供はどうすればいいんだろうとあたふたしたり、怖くて部屋に逃げ込んだり、父と母の仲介役に頑張ってなってみたりと余計な気遣いをさせてしまいます。

 

ケンカをするな!

とは言いませんがお子さんのいる方々はなるべく子供の前でケンカをしないようにしましょう。

 

その3 浮気相手をこどもにみせる

離婚後のために新しいお相手を慣れさせたいのかなんなのか理由は分かりませんが、夫婦ではないパートナーを子供に見せてしまう人がいます。

 

そういったとき子供もわかるんですよね

なんかこの人雰囲気違うよな~

 

この人私の恋人です!って親がこどもに宣言しなくても子供は雰囲気で気づきます。

そしてその浮気相手と一緒にいる時間は子供にとってめっちゃしんどい!

気まずいし、その人と親の関係を想像したりといいことないです。

 

これは離婚後も言えることですが、新しいお相手のことは子供には絶対に見せないようにしましょう。

 

そうはいっても私だって自分の幸せを追求したい!

という親御さんはせめて子供が成人するまで待ちましょう。

実際僕も昔は浮気相手といる時間は地獄でしたが今なら親のどちらかが再婚したって祝える気がしますしね。

 

子供の成長を待ちましょう。

 

その4 子供を味方にしようとする

多くの人は離婚時に子供の親権を得たいと思ってます。

また、親権を得た後でも子供をとられてしまうかもという不安を抱えている人もいます。

そして、その際にやってしまうのが子供を自分の味方にしようとする行為

 

○○はお父さんよりお母さんのほうが好きだよね?

 

といった具合に子供を自分の味方にしようとします。

 

この程度ならいいんですがほとんどの場合行動がエスカレートしていきます。

相手の悪口をいって子供からの評価をおとす

離婚後に相手に子供を合わせないようする

 

その1でも説明したように大好きな親がもう片方の親をけなすのは子供にとってとても不快な行為です。

 

相手に子供をとられたくない!

という気持ちはわかりますが、そこは相手の悪口ではなく子供への愛情で勝負をしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

子供にこれやってしまっているかも…

 

という方はいますぐやめる。

そうでない方もこれから子供にそういうことをしないように気を付ける。

 

離婚というものは子供にとって人格形成に悪影響を与えるほどのビックイベントです。

しかし、今回紹介したことを実践するだけで、子供へのストレスはかなり軽減されると経験者である僕はおもいます。

 

離婚といういばらの道を選んだのなら、せめて子供への最低限の配慮だけは守りましょう!

タイトルとURLをコピーしました