【超重要】Skill Hacksでできるようになること【口コミ、評価】

プログラミング初心者

【超重要】Skill Hacksでできるようになること【口コミ、評価】

 

Skill Hacksやべえ!!

迫佑樹さんすげえ!!

 

そう騒いでる皆さん、一旦落ち着いてください。

Skill Hacksで勉強すると何ができるようになるのか、きちんと理解していますか?

 

【超重要】Skill Hacksでできるようになること【口コミ、評価】

 

皆さんどうも、ひろです。

 

今回は迫 佑樹(さこゆうき)さん開発の初心者向けプログラミング教材『Skill Hacks』を購入すると何ができるようになるのか詳しく見て行きたいとおもいます。

 

プログラミングスクールに比べれば断然安いとはいえ、お買い物をするなら内容を理解して買いたいですからね!

 

ちなみに実際に購入したレビューなどは別の記事にまとめているので、よければ参考にしてください!→Skill Hacksの口コミと評価! ガチの初心者が購入してみたよ!

 

あ、先に結論を言っておくと買わない手はないくらい素晴らしい商品でしたよ笑

 

それでは、早速見て行きましょう!

 

Skill Hacksを学ぶことでできるようになること!

 

-Skill Hacks-のホームページにも書いてあるように、Skill Hacksを学ぶことで、以下のことを理解することができます。

 

第00章 事前準備をしよう (2本)
第01章 HTMLのサイト作成講座 (6本)
第02章 CSSでのWebデザイン基礎講座 (6本)
第03章 HTML/CSSワークショップ -自己紹介サイトを作ろう- (6本)
第04章 Bootstrap活用デザイン講座 (7本)
第05章 Rubyプログラミング学習講座 (12本)
第06章 Rubyワークショップ -メモアプリ開発- (7本)
第07章 Ruby on Rails コントローラ・ビュー編 (14本)
第08章 Rails基礎講座 モデル・データベース編 (10本)
第09章 Rails実践編 メモアプリ開発・デプロイ (11本)
第10章 Rails実践編 メモアプリに削除編集カテゴリを追加 (13本)

 

ひろ
ひろ

な、なにをいっているかわからん…

 

おそらく皆さんもそう思われたのでは?

(すくなくとも、僕はそうでした笑)

 

なので、ここからは

 

①Skill Hacksでできるようになること(理解できる言語など)

②Skill Hacksで実際に取り組める案件(お仕事の内容)

③講義の具体的な内容(章ごとに解説)

 

これらについて見て行きたいと思います!

 

①SkillHacksでできるようになることとは?

 

SkillHacksで理解することができる言語は*HTMLCSSRubyそれと*フレームワークであるBootstrapRuby on raillsの基礎が理解できます!

 

※正確にはHTML、CSSはプログラミング言語ではありませんが、初めは気にしなくて大丈夫です。

※現段階ではフレームワークはプログラミングを楽にするもの、くらいの理解でいいです。

 

意外とわからない方がいるのですが、どんな言語が学べるのか理解することはとても大切です!

 

プログラミング言語というのは、例えばWEB制作なら、PHP、JavaScript、Rubyがいい!と言われていますが、実際他の言語でも同じようなことはできてしまうんです。

 

店長

それなら何を勉強してもいいじゃないか!

 

と思われるかもしれません。

しかし、実はプログラミング言語には向き不向きが存在します。

 

例をあげると

 

Web制作なら

・HTML(エイチティーエムエル)

・CSS(シーエスエス)

・Ruby(ルビィ)

 

ゲーム制作なら

・C++(シープラプラ)

C#(シーシャープ)

 

人口知能開発なら

・Python(パイソン)

・R(アール)

・Julia(ジュリア)

 

といった具合にそれぞれの言語に向いているジャンルが存在しているんですね。

 

なので、人口知能を開発したかったのにC++を学んでしまった。。。

なんてミスは絶対に避けましょう!

 

HTML、CSSでできることとは?

次に、HTML、CSSでできることを見て行きたいと思います。

 

HTML、CSSとRubyの違いはフロントエンドを作成するか、サーバーサイドを作成するか、ということです。

 

HTML、CSSで作れるフロントサイドとは、皆さんが今読んでいる、この記事のようなWebサイトの見ための部分を装飾して行く技術になります。

 

ホームページのレイアウトやデザインなどを変更して行くことが可能です。

 

対してRubyで作って行くサーバーサイドとは、フロントエンドで入力された情報などを、裏側で処理する技術になります。

 

たとえば、Webサイトのログイン画面などでパスワード、ユーザーIDなどを入力して結果が帰ってくるのはサーバーサイド側の技術になります。

サーバーサイド、フロントエンドのどちらかを使うのではなく、両方を使ってWebサービスは作られてるのです。

 

なので、HTML、CSSをマスターすれば、サイトの構成やデザインを編集して行くことが可能になります。

 

それではRubyでできるようになることとは?

先ほども書いたようにRubyでできることは多岐にわたります。

そして、その中でも特にRubyに向いているものは以下になります。

 

Web制作

Web制作とはざっくり言えば、Webサイト、Webアプリケーションを作ることです。

 

プログラミング初心者にはWeb制作はオススメで、案件なども獲得しやすくなっています。

 

Web制作の実例を挙げると

 

誰もが知っている料理サイト

クックパッド

 

そして誰も使っているSNS

twitter

 

大手クラウドソーシングサイトである

クラウドワークス

 

これらは全てRubyによって作られています。

 

Rubyを使うことで、このようなサイトを作り上げることが可能となります。

 

スマホアプリ開発

Rubyを使用することで、スマホアプリを作成することもできます。

RubyMotionやRubotといったライブラリを使い、スマホアプリを作成して行きます。

 

機械学習

先ほど、Pythonなどを使って行うと言った機械学習もRubyを使って行うことが可能です。

 

現段階では、あまり実用されることはないですが、将来的には有効に活用することができるのでは?と噂されています。

 

スクレイピング

web情報を抜き出して加工するスクレイピングも、Rubyで行えます。うまく活用することで、ホームページの更新なども取得できます。

 

・API作成

Rubyでは、スマホアプリの作成に必要な処理「API」を作ることが可能です。データの共有や保存システムであり、スマホアプリと連携するためには欠かせないものと言えます。

 

通常は他の難解な言語を活用して作成することが多いです。しかし、Rubyを使用することでスムーズに作業できます。

 

以上がざっくりとしたRubyを用いてできることになります。

 

そこに、HTMLやCSS、Ruby on Raillsなどを組み合わせて作業ができるようになるので、最初に手をつけるものはWeb制作がおすすめになりますね!

 

以上のリストで最低限、HTML、CSS、Rubyで何ができるかは理解できましたね!

 

-Skill Hacks- 動画で学ぶWebアプリ開発講座 ホームページへ行く

 

さて、ここからはRubyを学んで実際に取れる案件について見て行きましょう!

 

Rubyが使えると受注できる案件

 

 

こちらはエミリーエンジニアさんの求人案件です。

この案件はエージェント経由で仕事をもらういわゆるフリーランス的な働きかたになります。

 

もちろんこの案件は1年、2年と経験を積んだ人が取れる案件になりますが、2〜3年で月給80万円超えるなんて普通の職種じゃ不可能ですよね笑

 

やっぱりプログラミングには無限の可能性が秘められています!

 

そして、次はランサーズ(クラウドソーシングサービス)から実際の仕事例を紹介します。

 

【 概要 】
コーポレートサイトのウェブデザイン制作をお願いします。

 

【 依頼内容 】
・依頼工程:Webデザインのみ、またはWebデザイン・コーディングからウェブプログラミングまで
・作業ボリューム:1〜2ページ程度(テスト案件を兼ねるため少量です)

 

【 提供素材 】
・ワイヤー、ラフ案:あり(相談)
・画像、文章等:あり (相談)

 

【 デザインイメージ 】
・ターゲット層:30〜40代の男性会社員
・雰囲気:シンプル、カジュアル、フラットなデザイン

 

【 報酬 】
20万円位までで見積もりをお願いします。

 

こちらはHTML、CSSのみで完成できる案件になりますが、それでも、1〜2ページを制作するだけで20万ほどの収入を在宅で獲得することが可能です。

 

このような案件を獲得する足がかりになるのであればSkillHacksはとてもお買い得だと思いますね。

 

値段は69800円と安くはありませんが、元を取ることは十分可能なのではないでしょうか?

 

むしろ、独学でちまちまと勉強をすすめて挫折してしまうことを考えたら買わない手はないです笑

 

公式サイトへはこちらからどうぞ ↓
-Skill Hacks- 動画で学ぶWebアプリ開発講座 ホームページへ行く

 

それでは、最後にSkill Hacksの各章でまなぶことのできる内容を軽くおさらいして行きましょう。

 

正直、今までの内容を理解していれば購入しても大丈夫だと思いますので、以下は興味のあるかたのみ見てもらってもらえばOKです!

 

Skill Hacksの中身を軽くおさらい!

ここから先は何がなんだかわからない表

 

第00章 事前準備をしよう (2本)
第01章 HTMLのサイト作成講座 (6本)
第02章 CSSでのWebデザイン基礎講座 (6本)
第03章 HTML/CSSワークショップ -自己紹介サイトを作ろう- (6本)
第04章 Bootstrap活用デザイン講座 (7本)
第05章 Rubyプログラミング学習講座 (12本)
第06章 Rubyワークショップ -メモアプリ開発- (7本)
第07章 Ruby on Rails コントローラ・ビュー編 (14本)
第08章 Rails基礎講座 モデル・データベース編 (10本)
第09章 Rails実践編 メモアプリ開発・デプロイ (11本)
第10章 Rails実践編 メモアプリに削除編集カテゴリを追加 (13本)

 

こちらの中身を軽く解説して行きたいと思います。

 

それではどんどん行きましょう!

第00章 事前準備をしよう (2本)

 

こちらでは、実際にプログラミングを行う場所を作っていく作業を行います。(環境構築と言います)

 

プログラミングをはじめるぞ!

 

と、意気込んだのはいいものの、プログラミングのコードってどこに書くか知っていますか?

 

 

このような英語の羅列がある環境を作る準備が第00章の内容となります!

 

実はこの環境構築は地味にめんどくさくて、パソコン慣れしていない方は一人でやるのはしんどいと思います。

 

しかし、Skill Hacksでは、初めの環境構築の部分から丁寧に動画で解説してくれているので難なくクリアできると思います。

 

第01章 HTMLのサイト作成講座 (6本)

こちらでは、先ほど紹介したHTMLの基本的な内容を勉強して行きます。

 

そして、ここで一つ注意して欲しいのが、プログラミングに対する初心者の勘違いです。

 

僕は勉強を始めた当初、コードを一つ一つノートに書いて覚えようとしていました。

しかし、プログラミングのコードは無限大にあり、正直全部覚えている人なんていません。

 

では、どうするのかというと、皆わからないコードがあったら調べるんですね、グーグルで

 

なので、Skill Hacksでも、全てのコードを教えてもらえる訳ではありません。

 

もちろん重要な表現は教えてくれますが、メインは基本的な仕組み、プログラミングの文法を学ぶことです。

 

こちらは、英語で考えるとわかりやすいかもしれません。

 

わからない時にググるコードを英単語とするならば、Skill Hacksで学べるのはその英単語を生かす英文法になります。

 

英単語は自分で調べて理解できますが、文法などの概念は少しむずかしいですよね。

そこを教えてくれるのがSkill Hacksになります。

 

なので、Skill Hacksで覚えられるのはプログラミングの文法なんだ、ということを理解しておいてください。

 

本題にもどってHTMLですが、HTMLを学べば

このブログのように

 

文字をかいたり

あいうえをかきくけこさしすせそ

 

リストをつけたり

  1. Skill Hacksは素晴らしい
  2. さこさんありがとう
  3. 最高です

 

タイトルを作ったりすることが可能になります。

 

以上です笑

 

第02章 CSSでのWebデザイン基礎講座 (6本)

CSSはHTMLで書いた文字やタイトル、余白などをデザインすることが可能な言語になります。

 

色をつけたり

 

余白をいじったりなんかもできます

 

実は、HTMLでも似たようなことは可能なのですが、CSSの方がより高度なデザインが可能になります。

 

第2章では、そんなCSSの基礎について勉強することができます。

 

第03章 HTML/CSSワークショップ -自己紹介サイトを作ろう- (6本)

第3章では1章2章で学んだHTMl、CSSを利用して簡単な自己紹介サイトを作成します。

 

実戦にも対応しているのはありがたいですよね

 

もちろん、作っていくなかでわからないことや疑問点が出ればいつでも迫さんに質問可能なので、無駄に悩むことなく楽しく作成できます。

 

第04章 Bootstrap活用デザイン講座 (7本)

Bootstrapとは、簡単に言えばよく使う表現をまとめてリスト化したものです。

 

これを利用すれば、コメント欄や表の設置などをコピペで簡単に使えてしまいます。

 

正直、Bootstrapを活用できるようになるだけで、かなり表現の幅が増えるのでここら辺からプログラミングが楽しくなってくると思いますよ笑

 

第05章 Rubyプログラミング学習講座 (12本)

Skill HacksのメインイベントであるRubyの勉強になります。

 

Rubyでできることは上にまとめたので、ここでの説明は省略させていただきます。

 

第06章 Rubyワークショップ -メモアプリ開発- (7本)

ここでは、先ほどの自己紹介サイト作成と同様にRubyを使って簡単なメモアプリを作成していく章になります。

 

繰り返しになりますが、わからないことはきちんと質問して、問題を残さないようにしましょう!

 

第07章 Ruby on Rails コントローラ・ビュー編 (14本)

こちらでは、RubyをRubyたらしめている(謎笑)Ruby on Railsについて学んで行きます

 

Ruby on RailsはさきほどのBootstorapのRubyバージョンだと考えていただければ大丈夫です。

 

コントローラとは、ユーザーからのリクエストを受け取り、モデルやビューなどと連携し結果をユーザーに返す役割をする部分のことになります。

 

第08章 Rails基礎講座 モデル・データベース編 (10本)もこちらでさらっと解説

 

モデルとは、データベースや外部サービスへのアクセスをはじめ、ビジネスロジック全般を担当するコンポーネントのことです。

 

正直ここら辺までくると???ってなりますが、動画を見ればきちんと理解できるので安心してください笑

 

第09章 Rails実践編 メモアプリ開発・デプロイ (11本)

とうとう大詰めです。

9章、第10章 では、7章、8章で習ったことを使って実際のアプリ開発、デプロイ(ネット上にアプリを公開すること)するところまで行います。

 

ここで現在公開されている全てのレッスンは終了ですが、ここまで終わった後にもう1週繰り返してやるとりかいが深まると思いますよ!

 

まとめ【超重要】Skill Hacksでできるようになること【口コミ、評価】

 

いかがでしたか?

 

別記事Skill Hacksの口コミと評価 【ガチの初心者が購入してみた!】にもかいてある通り、Skill Hacksはプログラミング初心者に本当におすすめできる教材だと思います。

 

本記事で学べることを確認し、SkillHacksの良さに気づいていただけたら嬉しいです。

 

もし興味の湧いた方はこちらのリンクから公式サイトへいくことができます。

-Skill Hacks- 動画で学ぶWebアプリ開発講座 ホームページへ行く

タイトルとURLをコピーしました